このウェブサイトは、最高のユーザーエクスペリエンスを確保するためにCookie(クッキー)を使用しています。あなたが閲覧を続ける場合は、クッキーの使用に同意するものと見なされます。詳細情報、または設定を変更する方法をお知りになりたい場合は次をご覧ください。 クッキーポリシー




ガリシア地方とその海産物、贅沢な海の味




所在地

自治州 :
Galicia

Galicia


調理が簡単で、味覚へのご馳走。これが魚介類です。美味しくて種類がたくさん、そして豊富。ガリシアでは、新鮮でほど美味しく料理された魚介類が楽しめます。さらに、滋養がとても高くて健康的。ガリシアでシーフードを賞味あれ;この極上のグルメは、この地方を訪れるもうひとつの楽しみです。

スペインの西北に位置するガリシア地方には、数千キロメートルにわたる海岸があります。ガリシア海の寒流は、この地に世界一流の味を誇る魚介類をもたらします。食欲を湧かせ、感触を得るには、例えば、ガリシア州のどこでも試食できるプルポ・ア・フェイラ(茹でタコのパプリカ風味)を試してみてください。これを食べたら、もっと食べたくなるリストが永遠に続くことでしょう:カメノテ、ムール貝、はまぐり、ネコラ貝、イセエビなど。調理法は簡単でも、その味覚を表現するのは一苦労です。アドバイスをひとつ。ご本人でお試しになること。そのために、これからお勧めの場所をご紹介しましょう。

ア・コルーニャとルゴ

ア・コルーニャルゴはガリシア州の2地方であり、この地の漁師たちが釣り上げるのは、魚介類の王様と呼ばれる魚介類、カメノテです。こういった訳から、カメノテのご試食には、コスタ・ダ・モルテ(ア・コルーニャ)やルゴ北部の近辺がお勧めです。

コスタ・ダ・モルテには、その沿岸の崖地帯で獲れるナミノコ貝やムール貝も有名です。ナミノコ貝は土製の器に入れて、前菜として食卓に出されることが一般的です。滋養性が特に高いムール貝の調理法は様々です:最も簡単なもの(蒸かしてレモン風味で)から、トマトソースのオーブン焼きといった手の凝ったものまで。このムール貝の質の高さは、「ガリシアのムール貝」として原産地呼称に認定されています。

ア・コルーニャに別れを告げる前に、プルポ・ア・ラ・ムガルデッサ(タコの煮込み)をムガルド市でお試しください。この料理を食しての驚きは、簡単な調理法とその深い味わいのコントラストでしょう。

オ・グロベとリアス・バイシャス

オ・グロベは、漁村として「魚介類の天国」とのあだ名を勝ち誇るポンテベドラ地方の村であり、ここでは毎年10月に「シーフードへの賛美祭り」が開催されます。

リアス・バイシャスの南に位置する最高な立地条件にあるオ・グロベでは、一年間を通じて質の高い魚介類を獲ることができます。なかでも、ネコラガニ、ケアシガニ、ロブスターとイセエビがお勧めです。

オ・グロベ近辺地区には、魚介類の養殖所がたくさんあります。オ・グロベの少し北にあるムロスノイアの特産は、トリガイとハマグリです。街から離れた静かな場所でこの素晴らしいグルメを楽しみたいなら、イスラ・デ・オンス(ポンテベドラ)がお勧めです。ここでは、イジャス・アトランティカス自然公園の長閑な風景を楽しみながら、ケアシガニの一種であるブルーニョスやカルデイラダ・デ・プルポ(タコとポテトの茹で料理)をご賞味ください。

食事のお供に最適な原産地呼称付産物

専門家によれば、産地のワインで食する最良なシーフードほど極上のご馳走はないそうです。ガリシアには、シーフードにぴったりと合う原産地呼称のワインが多種あります。なかでも人気が高いワインのひとつには、「アルバリーニョ」と一般的に呼ばれるリアス・バイシャス原産地呼称の低アルコールの白ワインがあります。ガリシアを訪れて、この地の極上の魚介類をお試しあれ。リピートしたくなること間違いなしです。

詳細:ガリシアの地方料理





必見スポット