所在地

Cantabria


小旅行にぴったりのスペイン北部沿岸地域有数の上品で美しい街といえはサンタンデールです。風格のある街並み、19世紀の建築物、魅力あふれるテラス、世界屈指の美しさを誇る壮観な湾が訪れる人々を魅了するこの街は、海にも山に恵まれています。



1 日目

旧市街 街の散策はペレダ庭園(Jardines de Pereda)からスタートします。庭園内のツーリストオフィスで情報を入手しておきましょう。ヒマラヤスギやタイサンボクを鑑賞した後、庭園を抜け、旧市街へ。そんなに広い地区ではありませんから、通りを散策しながらゆっくりモニュメントを見学し、気品ある雰囲気に浸りましょう。最初に目を引くのは、いくつもの銀行の堂々たるファサードでしょう。銀行はサンタンデールで非常に重要な存在です。エルナン・コルテス通り(Calle Hernán Cortes)を行くとポルティカダ広場(Plaza Porticada)に出ます。街で最も賑わいのある場所の一つで、1941年の大火事でサンタンデールが壊滅的な被害を受けた後、街の新たな中心として建設されたため、象徴的な広場となっています。 横にはクリスト教会(Iglesia del Cristo)、サンタンデール大聖堂(Catedral de Santander)があり、その正面にラ・コンパニア教会(Iglesia de la Compañía)があります。周囲の美しい景観を写真に収め、街の起源に関する伝説を知ってみてはいかがでしょう。フアン・デ・エレラ通り(Calle Juan de Herrera)を行くと、市庁舎広場(Plaza del Ayuntamiento)に到達します。ここは常に賑やかです。ベンチで休む人々の姿も見られることでしょう。ここから、市立美術館(Museo Municipal de Bellas Artes)、あるいはこの土地の偉大な思想家の一人であるメネンデス・ペラヨの邸宅博物館兼図書館(Casa-Museo y Biblioteca Menéndez Pelayo)へ行くことができます。陽気で楽しいサンタンデール人の日常生活に触れたければ、エスペランサ市場(Mercado de la Esperanza)へ。ここではスペイン産の新鮮な魚が手に入ります。 文化的な午前を過ごした後はショッピングなどはいかがでしょう。ヘスス・デ・モナステリオ通り(Calle Jesús de Monasterio)とサン・フェルナンド通り(Calle San Fernando)を行くと、サンタンデールのショッピングエリアに到着します。プレゼントや旅のお土産を購入するのに最適な場所です。海に開かれた街 ちょうどこの場所、サン・フェルナンド通り(Calle San Fernando)と並行して走るバルガス通り(Calle Vargas)には、サンタンデールの代表的な魚介類料理が味わえる店がいくつもあります。有名なイカフライ、ヨーロッパタマキビ、ムール貝を是非お試しください。格別の味わいです。午後は美しい埠頭地区へ。海のサンタンデールを知るのに最適なひとときです。ペレダ庭園から出発です。庭園横には、重さ30トンの有名な「石のクレーン」があります。ペレダ通り(Paseo de Pereda)でコーヒーを飲むのもいいでしょう。文学スタイルの上品な店がたくさんあり、きっとお気に召すことでしょう。わずか数メートルのところに埠頭の館(Palacete del Embarcadero)があります。ここから心地良い散策を始めることができます。というのも、この館から湾内を遊覧する小船が出ているのです。海からの街の眺めは実に見事で、1時間の遊覧は素晴らしい体験になります。 カルデロン埠頭(Muelle del Calderón)から帰る途中にある彫像は「ロス・ラケロス」(Los Raqueros)です。海に飛び込む子供たちを表現したもので、数年前、観光客が投げたコインを拾うために湾に飛び込んだ子供たちの姿を再現して制作されたました。この彫像の横に並んで興味深く楽しい写真を撮ってみるのもいいかもしれません。そのまま行くと、プエルトチコ・ヨットクラブ(Club Marítimo Puertochico)、プラネタリウム(Planetario)やフェスティバルホール(Palacio de Festivales)など目を引く建物の前を通ります。ルイス・カレロ・ブランコ通り(Avenida de Luis Carrero Blanco)から、海洋博物館(Museo Marítimo)へ。最新型の施設を通し、人と海との関係についてさらに知識を深めるのもよいでしょう。博物館を後にすると、ビーチゾーンが始まります。最初に通るのが、ロス・ペリグロス(Los Peligros)とラ・マグダレナ(La Magdalena)の各ビーチです。気分転換を兼ねて、午後の残りの時間をここで過ごすこともできます。旅のヒント全行程に自転車専用レーンがあり、海辺の景色を楽しみながら身体を動かせます。埠頭の館からの遊覧は、7月頃から10月頃まで運航されています。夕食時の選択肢としては、街中心部に戻り、カニャディオ広場(Plaza de Cañadío)周辺で「タパスのはしご」(バルからバルへと移動しながら地元の料理を少しずつ味わう)するのがいいでしょう。このエリアは、食後にクラブに出かけたり飲み歩きのできる場所として知られています。夏場であればこの広場は、ナイトライフを楽しむ人々で溢れているでしょう。

2 日目

マグダレナ半島サンタンデールで最も美しく特別な地区の一つであるマグダレナ半島を、午前中かけて巡ります。半島に着く前に、オラダダ通り(Calle Horadada)を水辺まで下り、岩場からラ・トーレ島とオラダダ島の各島の素晴らしい眺めを楽しむのもよいでしょう。では、この広大な公園の入口まで進みましょう。約25ヘクタールもの広大な公園です。徒歩を避けたい場合には、半島を巡る観光列車「マグダレノ」(Magdaleno)を利用することも可能です。今回は歩いて半島を見学することにします。ロス・ビキニスビーチ(Playa de Los Bikinis)の近くを通り、王室埠頭(Embarcadero Real)を経てセルダ灯台(Faro de la Cerda)まで行きます。半島の周囲を歩き続けると平地に出ます。そこからサンタンデールの至宝である マグダレナ宮殿(Palacio de la Magdalena)へ行くことができます。ここは半島で最も高い地点です。ここから眺められる絶景や、荘厳な宮殿を是非写真に収めてみてください。下り坂には、ある船乗りがサンタンデールに寄贈した正真正銘のカラベラ船3隻(コロンブスの船のレプリカだと言われています)やミニ動物園があります。動物園では、海から直接入ってくる水中を泳ぐアザラシやペンギン、トドなど、海洋動物の姿が見られます。旅のヒントマグダレナ半島周遊用にセグウェイのレンタルが可能です。場所はポロ競技場(Campo de Polo)とレストランの隣です。エル・サルディネロビーチ午前中心地よく過ごした後は、昼食です。ラ・レイナ・ビクトリア通り(Avenida de la Reina Victoria)を進み、美しいサン・ロケ庭園(Jardines de San Roque)を通り抜けると、イタリア広場(Plaza de Italia)に出ます。ここには1916年に設立された威厳ある象徴的なグラン・カジノがあります。街の中心的な存在で、この建物が、この街をまるでおとぎ話の中にいるような感覚に導いてくれるのです。この辺りには、特に夏場に、ビーチを眺められるテラスが多数並びます。潮の香りがする海風を感じながら食事をするのに理想的な場所です。ここエル・サルディネロ地区は、サンタンデール沿岸部で最も人気のあるエリアです。食後は周辺の素晴らしいビーチでひと泳ぎするのもよいでしょう。ビーチはラクダ(スペイン語でカメージョ)のような岩があるカメージョビーチ(Playa del Camello)、ラ・コンチャビーチ(Playa de La Concha)、長さ1キロ以上のエル・サルディネロビーチ(Playa del Sardinero)などがあります。黄金色の砂に寝そべって日光浴をしながら周囲の景色を眺めたり、サーフィンをしたり。思い出に残る体験となります。ひと泳ぎした後は、海岸通りをゆっくり散策し、ピキオ庭園(Jardines de Piquió)の素晴らしい展望台(カップルにはとてもロマンチックな場所です)に立ち寄ってから、メソネス公園(Parque de Mesones)の端まで歩き続けることができます。道中、陸側にはサンタンデール有数の美しさを誇る屋敷の数々が、そして反対側にはヨットの浮かぶ海の眺めが楽しめます。これはもう、完璧としか言いようがありません。食後のひと泳ぎをせずに時間に余裕がある場合には、歩き続けて街の反対側の端にある高さ30メートルのカボ・マヨール灯台(Faro de Cabo Mayor)まで行くこともできます。さらにエル・ファロ通り(Avenida del Faro)まで足を延ばしてみましょう。目の前に広がる大海原と壮観な断崖。ここは、より荒々しい自然の風景を眺められる理想的な場所です。旅の最後は、サンタンデールの1日の最も特別なひととき、日没を見逃すわけにはいきません。イタリア広場の展望台に戻り、ベンチに腰かけて、マグダレナ宮殿を遠くに望みながら日没を眺めるのが最もお勧めです。また、この辺りにはサンタンデール屈指の有名なレストランがいくつかあるため、素晴らしい夕食で1日を終えることができます。「海の恋人」として知られるサンタンデールの街巡りの完璧な締めくくりとなるでしょう。旅のヒント観光バスは街の沿岸部全域で運行しています。出発地点はペレダ通り(Paseo de Pereda)で、8カ国語のオーディオシステムが備わっています。カボ・マヨール灯台の地域には、海岸を望めるマタレーニャス・ゴルフ場(Campo de golf de Mataleñas)があります。サンタンデールには様々なサーフィンスクールと乗馬スクールがあります。時間に余裕があれば、サンタンデール近郊のお勧めの2カ所まで足を延ばしてみてはいかがでしょう。カバルセノ自然公園(Parque de la Naturaleza de Cabárceno)まではわずか15分、そしてアルタミラ博物館(Museo de Altamira)まではわずか30分で到着します。サンタンデール訪問が7月なら、20世紀初頭の最初の観光客到来を再現する「バーニョス・デ・オラ」フェスティバルを見ることができます。



この情報はお役に立ちましたか?






X
Spain SevilleMadridBarcelonaMalagaCordobaA CoruñaValenciaGranadaCastellón - CastellóCáceresLugoLleidaMurciaCadizVizcaya - BizkaiaPontevedraLa RiojaHuescaGuipúzcoa - GipuzkoaCantabriaToledoBurgosAlicante - AlacantAsturiasAlmeríaJaénTarragonaHuelvaÁvilaÁlava - ArabaZamoraLeónZaragozaSalamancaTeruelGironaCiudad RealSegoviaCuencaBadajozOurenseNavarreSoriaValladolidAlbacetePalenciaGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares MajorcaIbizaMinorcaFormentera
X
Canarias Gran CanariaLa PalmaTenerifeGomeraLanzaroteFuerteventura