バレンシア州のレストランでの米料理 © Agència Valenciana de Turisme

#mmpaella スペインの米所、バレンシア州へようこそ

パエリア。パエリアをご存じですか?スペインの代表的な料理の一つで、本場はバレンシア州です。また、パエリアの主材料である米を使った数々の料理を通して、スペイン東部のこの地域のガストロノミーを巡る旅の出発点でもあります。

あなたの旅のテーマはなんでしょう。絶品の米料理が食べられる土地へ行くことでしょうか。それともその土地ならではの郷土料理が食べられる場所へ行くことでしょうか。いずれの場合でも、メッセージとアドバイス、そしてお願いがあります。まず、バレンシアのおいしい米料理はバレンシア州のどこでもお召し上がりいただけるということです。次に、その土地の最もおいしい料理について、バレンシア人のアドバイスに耳を傾けてください。そして最後に、あなたの体験をぜひシェアしてくだい。ページ下部のコメント欄に書き込むか、ハッシュタグ#mmpaellaを使用してSNSで発信してください。

どこで:バレンシア県、アリカンテ県、カステジョン県

所在地


Comunidad Valenciana
  • 1 行き先1:バレンシア
  • 2 行き先2:アリカンテ
  • 3 行き先3:カステジョン

行き先1:バレンシア県

最初のお勧めは、バレンシア市です。アクセスはとても簡単(国際空港、マドリードやバルセロナと同地を結ぶスペイン高速鉄道、フェリー港があります)。何よりも素晴らしいのは、中世の旧市街を散策したり、革新的な芸術科学都市を見学したりしながら、おいしいパエリアが味わえる場所を見つけることができることです。 おいしい米料理を味わうためのオプションは多数あります。マルバロサ・ビーチには海沿いに、La Pepica(ラ・ペピーカ)、La Marcelina(ラ・マルセリーナ)、Casa Carmela(カサ・カルメラ)など、創業100年以上の老舗レストランがあります。また、サレル・ビーチも人気のスポットで、砂丘にレストランがあります。さらに市内では楽しいオプションもあります。「VLCメニュー」という名称で、バレンシア中のレストランでバレンシアの代表的な料理をお手頃な値段で味わうことができるというものです。  

畑の産物を使った米料理

パエリアだけでなく、この土地を代表する料理の多くには、米と農作物の組み合わせが多く使われています。これらの料理は産地である農村部で召し上がることをお勧めします。特に、バレンシアからわずか10キロにあるラ・アルブフェラ自然公園はお勧めです。食べる楽しみだけでなく、田んぼを見学し、産地である湿地帯を船で遊覧することもできます。このアクティビティや、パエリアに関連するその他のアクティビティに関しては、バレンシア観光局のPaella Experienceをご覧ください。農園見学をご希望の場合には、メリアナにあるバラカ・デ・トニ・モントイウなどの農家をお勧めします。 魅力的な米料理専門店が見つかる県内のその他の観光地は、ガンディアサグントクジェラレケナオンティニェントなどです。バレンシア県には、その他、米料理との組み合わせにぴったりの、ウティエル=レケナ・ワインルートのワインがあることもお忘れなく。

行き先2:アリカンテ県

アリカンテ市から約10キロ離れたエルチェに国際空港があります。バレンシア同様、マドリードとスペイン高速鉄道列車で結ばれています。 バレンシア州のこの地域には、世界的に知られるレストランが数多くあることをご存じですか?デニアにレストランを構えるキケ・ダコスタなど、著名シェフがあら新たな発想を取り入れています。この機会を利用して、伝統料理を現代的かつ創意あふれるバージョンでお楽しみください。その他にも、オンダラのCasa Pepa(カサ・ペパ)、コンセンタイナのL’Escaleta(レスカレタ)、エルチェのLa Finca(ラ・フィンカ)、オリウエラのCasa Alfonso(カサ・アルフォンソ)、アリカンテのMonastrell(モナステル)、ハベアのBon Amb(ボナン)など、食通の間でよく知られているレストランが多数あります。

伝統的な米料理

アリカンテでは海と内陸部がうまく調和しています。海岸部では魚介類を使用した米料理、内陸部では農産物を主な食材とした料理が、それぞれ一般的です。前者の代表的な料理は「カルデロ」(Caldero)です。岩礁魚をベースにしたとろみのある米料理で、アリカンテ南部、タバルカ島、ビジャホヨサ、トーレビエハでよく食卓に出されます。おいしいパエリアが味わえるビーチの中で特に人気があるのは、アリカンテのアルブフェレタとハベアのポルティチョルの2カ所です。 後者では、伝統的な「アロス・アン・フェゾルス・イ・ナプス」(Arròs amb fesols i naps:インゲンマメとカブ入りの米料理)が有名です。マリナ・アルタ、エル・コンタ、ラルコイアなどの地域で最も伝統的な料理の一つです。また、ビナロポ地域では通常米料理にカタツムリとウサギが使われます。 そして米料理との完璧なマリアージュとして、アリカンテのワインルートのワインをお選びください。  

行き先3:カステジョン県

カステジョン県はスペインの地中海沿岸の他の地域やマドリードと道路と鉄路でつながっています。イギリスへの直行便が飛ぶ空港もあります。 おいしい米料理は、アルコセブレのような小さな漁村や、ペニスコラオロペサベニカシムなどの有名なビーチで海を眺めながら、あるいはモレージャセゴルベなど内陸部の美しい風景の中で召し上がることをお勧めします。また、カステジョン・デ・ラ・プラナのグラオの臨海地域や旧市街も人気の高いエリアです。 魚介類がたっぷり入ったパエリア・デ・マリスコ(Paella de marisco)、山の幸をふんだんに使ったパエリア・デ・モンターニャ(Paella de montaña)、パエリア・デ・「クジェラ・イ・モスカ」(Paella de "cullera i mosca")、アーティチョークとクルマエビの入った米料理アロス・コン・アルカチョファス・イ・ランゴスティノス(Arroz con alcachofas y langostinos)などがこの土地を代表する名物です。是非お試しください。

アドバイスとトピック



  • バレンシア州では年間を通し数多くの祭りが開催され、その多くで米料理が主役となっています。また、米料理イベントも開催されます。当サイトのイベントカレンダーをご覧ください。詳細は各地のツーリストオフィスにお尋ねください。 多数のレストランがあります。中にはインターネットで予約可能な店もあります。当サイトのガストロノミー体験セクションで検索し、予約状況をバレンシア観光局のサイトでご覧になることをお勧めします。 伝統的なパエリアは薪を焚いて調理されます。これはおいしいパエリアの目安にもなりますので、是非覚えておいてください。 いつ食べても良い料理ですが、パエリアやその他の米料理は特に昼食として召し上がることをお勧めします。

#mmpaellaでシェア


他の米料理をご存じですか?お気に入りの店は見つかりましたか?自作パエリアをあなたの職場で自慢してみませんか?ハッシュタグ#mmpaellaを使ってSNSで、またはページ下部のコメント欄を使ってシェアしてください。


この情報はお役に立ちましたか?



スペインで何をしますか?ご希望の「アクティビティー」をこちらからご予約ください


X
Spain SevilleMadridMalagaCordobaA CoruñaBarcelonaHuescaCadizGranadaValenciaCastellón - CastellóMurciaLleidaCáceresLa RiojaAsturiasAlicante - AlacantPontevedraCantabriaLugoGuipúzcoa - GipuzkoaVizcaya - BizkaiaBurgosToledoAlmeríaÁvilaTarragonaÁlava - ArabaTeruelJaénHuelvaLeónSalamancaGironaCiudad RealSegoviaZaragozaValladolidBadajozNavarreZamoraCuencaSoriaPalenciaOurenseAlbaceteGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares IbizaMajorcaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaTenerifeGran CanariaFuerteventuraGomeraHierro