スペインの土産品は毛皮、皮製品、骨董品、陶器、各種民芸品など種類が豊富です。皮製品ではコーとやジャケット、ハンドバッグ、靴、財布等の小物が喜ばれています。陶器はアラブの技法を受けついだものが多く、彩やかな色彩と素朴なデザインが特徴です。伝統的に陶器の産地として知られているのはタラベラ、マニセス(バレンシア)、セビーリャ、グラナダ、テルエルです。 現代陶器では、ガリシア地方のサルガデロスが有名。素焼きのつぼや置き物も味があってよいのですが、もろくて欠けやすいため、持ち運びが難かしいかもしれません。現代陶器では陶器人形で有名なバレンシアの「リャドロ」(Lladro)とガリシア地方の「サルガデロス」(Sargadelos)が好評です。とくに「リャドロ人形」はほっそりした姿形にファンタジーを覚えます。スペイン家具はいわゆる民芸調のものに特色があり、がっしりしたつくりで彫刻や寄せ木細工をほどこしたものも少なくありません。バレンシア、ソンセカ(トレド県)、バルマセダ(ビスカヤ県)、バレアレス諸島などが家具の本場です。金や銀を使った工芸品のなかでは、金糸をうめこむ象がん細工(トレド)と銀糸でいろいろなデザインを形づくっていく「フィリグラナ細工」(コルドバ)があり、双方とも陶器同様アラブの伝統をつぐものです。 豪華な民族衣裳から発展したラガルテラやセゴビア、カナリア諸島の刺繍は、テーブル・クロスやエプロン、装飾品に応用されていて、手軽なお土産になります。またアルマグロやカマリニャスのレースのテーブルセンターなどは女性に喜こばれるでしょう。手織の色あざやかな美しい絨毯等は、カセレス、グラナダ、ムルシアのものが喜ばれています。装飾品として最もスペイン的なものの一つに装飾用の鉄製品があげられます。種類、技法、ともにバラエティーに富んでいますが、その中でもカスティーヤ地方のものがおすすめ。 楽器類では手作りギターがあり、マドリッドやグラナダの工房では職人か1つ1つていねいに作り上げています。カスタネットはスペインならではのもので、セビーリャ、イビサ、バレンシアでおもに生産しています。 近年スペインのファッション製品は世界中から注目されています。バレアレス諸島イビサ在住のデザイナーは、昔からこの地方に伝わる民族衣装を参考に独自のデザインを生みだしました。これらの製品はほとんど手作りで民芸調の織物である。また、靴も質、デザインとも優秀で生産地はアリカンテ県とバレアレス諸島。

X
Spain SevilleMadridCordobaBarcelonaMalagaValenciaA CoruñaGranadaCáceresCastellón - CastellóLleidaLugoMurciaHuescaPontevedraVizcaya - BizkaiaLa RiojaCadizCantabriaAlicante - AlacantBurgosGuipúzcoa - GipuzkoaToledoAlmeríaAsturiasJaénÁlava - ArabaTarragonaHuelvaÁvilaTeruelLeónZamoraZaragozaSalamancaCiudad RealGironaSegoviaNavarreBadajozCuencaValladolidOurenseSoriaPalenciaAlbaceteGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares MajorcaIbizaMinorcaFormentera
X
Canarias Gran CanariaLa PalmaLanzaroteTenerifeGomeraFuerteventura