このウェブサイトは、最高のユーザーエクスペリエンスを確保するためにCookie(クッキー)を使用しています。あなたが閲覧を続ける場合は、クッキーの使用に同意するものと見なされます。詳細情報、または設定を変更する方法をお知りになりたい場合は次をご覧ください。 クッキーポリシー




風車のルート トレドのラ・マンチャ


所在地

自治州 :
Castilla-La Mancha

県/島 :
Toledo

Toledo
ルートのタイプ :
文学

ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャを探し求めて

 このルートでは文学で名を知られるようになったスペインの地方、ラ・マンチャ地方を発見します。トレド市近郊に位置し、ミゲル・デ・セルバンテスの生んだ主人公、「ドン・キホーテ」の冒険の舞台となる場所です。旅の途中、広大な平原と低い山々が見られますが、その小高い山の上にこの土地のシンボルとも言える、ラ・マンチャの風車があります。

詳細

このルートは�'間�'通じて、週末に楽しむのに最適です。家族連れにお勧めのルートで、古い伝統�'学べるインタラクティブな民族誌学博物館の訪問がルートに組み込まれています。
ルート�'始めるには、風格のあるオルガスの町がよいでしょう。中世の城や�'族の館(ビンクロの家、公営の穀倉、サン・ラサロ病院)、サント・トマス教会、町にあった4つの門のうち�'つにあたるサン・ホセとベレンのアーチがあります。近郊のアリス�'タスでは、西�'ート博物館が見学できます。
モラの町が6kmのところにあり、優れたオリーブオイルで知られています。ここでは、オリーブオイル博物館と現在でも伝統的な製造法でオリーブオイル�'生産しているオリーブオイル用風車博物館のガイドツアー�'お勧めします。スエルトスの家、教区教会、アンティグアの聖母の礼拝堂、ピエドラス・ネグラスの印象的な城などの建築物群�'訪ねれば、この町の散歩は終わります。
ここからテンブレケ(�'�25km)へ向かいます。その途中、高台にある典型的なラ・マンチャの�'基の風車�'見ることができるでしょう。町に到着したら、ラ・マンチャ様式建築のマヨール広�'の芸術群やラス・トーレスの宮殿の建築物群�'楽しむことができます。エル・ロメラルの村が6kmのところにあり、小さな村ですが、一般に公開されている風車が4基あり、民族誌博物館とエスパルト博物館があります。
すぐ近くにビリャカニャスの村があり、古く伝統的な地下住居�'利用したサイロ民族誌博物館や宗教画�'集めたティア・サンダリア家博物館�'見逃すわけにはいきません。
ここから20kmあまりのところに、終点の�'つの町、コンスエグラとマドリデホスがあり、�'つの町は�'いに3kmほどの距離にあります。
コンスエグラには目�'引く11基の風車と民族誌の展示があります。カルデリコの小高い丘の頂上に一列に並ぶ16世�'�の風車は「コンスエグラのラ・マンチャのクレステリア(尾根または鶏冠)」と呼ばれる一群�'形成しています。そこに到着したら、文豪セルバンテスが描いたラ・マンチャの有名な風景�'目の前にしているのですから、まずは周りの景観�'楽しむことです。風車のそばに、中世の城もあります。サンティシモ・クリスト・デ・ラ・ベラ・クルス教会やサンタ・マリア・ラ・マヨール教会、テルシアの塔なども、市立考古学博物館とキリスト博物館に加え、訪れる価値のあるモニュメント群です。コンスエグラの町は陶芸や鍛造に従事する地元の様々な職人工房のガイドツアーや中世の城の演劇ツアーなども提供しています。
マドリデホスでは、観光用に設えたティア・ヘナロの風車がこのルート見�'�めの風車となります。また、民族誌とサフラン博物館やティオ・ソケテとティオ・コロラオのサイロ民俗学博物館も一般公開されています。救世主教会、サンタ・クララ修道院、クリスト・デル・プラド礼拝堂、ラス・カデナスの家や闘牛�'などもこの町で見逃せないモニュメント群です。
セルバンテスの小説の現実の舞台�'発見してこのルートはここで終了します。

閉じる



アクティビティ


ルート


必見スポット