ラ・マンチャ産のサフラン(SAFFRON FROM LA MANCHA)



スペインのどこの特産?



概要

香辛料として使われるサフランは、カスティーヤ-ラ・マンチャ地方において、食文化の重要な役割を果たすと共に、経済的にも重要な役割を担っています。この地域では単なる農産物の一つではなく、歴史的文化財のように大切に扱われ受け継がれてきています。2001年3月17日、この地方で栽培されるサフランは原産地呼称保護を獲得しました。 

中央アジア原産のサフランは、スパイスに対する知識が豊富だったアラブ人によってイベリア半島に持ち込まれ、アンダルシアの貴族階級の間で独占的に愛用された香辛料でした。栽培、収穫(手作業)、花の選別といった手間のかかる作業工程を経て、採取したクロッカスの花の雌しべの柱頭を乾燥させて完成するサフランですが、ラ・マンチャ地方ではサフランの伝来から現在までその栽培を続けています。香辛料としてのサフランは、オレンジがかった黄色の色味を出すとともに、エキゾチックな香りが特徴でわずかな苦味も含んでいます。ラ・マンチャ産のサフランは、雌しべが花びらより長く、花柱が短いのが特徴で、その他の地域で採取されるものとは区別されます。原産地呼称保護付ラ・マンチャ産サフランは、風味を損なわないよう、そのシーズンに収穫されたものだけを、粉末ではなく糸状のまま市場に出します。糸状のサフランでも、柱頭が鮮やかで光沢がある赤色のものが、柔らかく耐久性があるとされています。 

詳細

製品情報

  • 産品の種類: 野菜
  • シーズン: サフランの花の収穫は毎年10月中旬ごろ行われます。花から採取した柱頭を乾燥させたものが一般に販売されます。品質を損なわないために、密封容器に入れて、涼しく乾燥した場所に保管することをお勧めします。
  • 産地: 原産地呼称ラ・マンチャに指定されている、ラ・マンチャ州のトレド県やクエンカ県、シウダッド・レアル県、アルバセテ県の一部地域で栽培。
  • レシピ: パエーヤ

栄養データ

  • 低カロリー → カロリー:
  • コレステロール: 0



この産品でできること