ヘレス・デ・ラ・フロンテーラのアルカーサル

ヘレス・デ・ラ・フロンテーラのアルカーサル

所在地

Cádiz

へレス・デ・ラ・フロンテーラは、ワイン、馬、フラメンコで有名であり、歴史的・芸術的建築群に指定されている旧市街が保存されています。 カディスで最も高貴な町の一つは、典型的なアンダルシアの家の雰囲気をもつ貴族の館が結集する場所です。 毎年、世界観光財産に指定される馬祭りが開催されます。 幅広い文化的オファーの一例として、郷土料理の味が挙げられますが、原産地呼称のヘレス・セレス・シェリー・マンサニーリャ・サンルーカル・デ・バラメーダ(Jerez-Xérès-Sherry Manzanilla-Sanlúcar de Barrameda)があります。 市内のワイナリーのいくつかを訪問することにより、旅行者はワイン製造の伝統についての知識を深めることができます。

詳細

シェラ(Xera)という名前でフェニキア人によって設立され、中世の時代、イスラム教徒の支配下にあったグラナダ王国との境界があったため、国境からの侵入地となっていました。 カトリック両王が征服した時にはもう既にワインの美味しい地として知られていました。 メディエボもサンタ・マリア・デ・ラ・デフェンシオンのカルトゥハのヘレス種にちなんで名付けられた独自に飼育されるカルトゥハのサラブレッド種です。 修道士たちが何世紀にもわたってこの品種を作り出し、繁殖させたのですが、メンディサバルの没収後(教会財産売却のために提供)、繁殖馬は、地域の農家に移されました。イスラムの遺産ヘレス・デ・ラ・フロンテーラのアラブの過去の歴史は、城壁、アルカーサル、メスキータに明らかに見られます。メスキータは現在、サンタ・マリア・ラ・レアル礼拝堂となっています。 ムワッヒド朝起源(17世紀) の建設が八角形の塔に見られます。 その他の建物として、アルカーサルには天窓が開く丸天井の浴室があります。 歴史的建造物に隣接するバロック様式の建物であるビリャビセンシオ宮殿の塔には暗室があり、そこから街全体を眺めることができます。街の主要なキリスト教のシンボルである大聖堂は、歩いてわずかのところにあります。 モスク上に建てられた旧サン・サルバドル参事会教会はその構造にバロック様式とネオクラシック様式の要素を兼ね備えています。 塔はムデハル様式の影響を受けています。 内部ではスルバランの作品を鑑賞することができます。 アルカーサルの向かいには、サンミゲルの広場と教会があり、オレンジの木立に囲まれた美しい空間となっています。 ゴシック様式、ルネッサンス様式、バロック様式が特別に組み合わされ、驚くべき祭壇画を構成しています。アレナル広場を通り過ぎると、次の歴史的建造物として、市議会と市庁舎、ムデハル様式の美しいサン・ディオニシオ教会(市の守護聖人)、そして13世紀の回廊のあるサン・フランシスコ修道院があります。古い城壁に囲まれる町の最も古い地区には、サンタ・マテオ教会とサン・ルカス教会、およびリケルメ宮殿とペルマンティン宮殿など、一般建築や宗教建築の貴重な例が並びます。 この地元貴族の旧居には、現在、セントロ・アンダルス・デ・フラメンコ(アンダルシアフラメンコセンター)があります。 ヘレスはフラメンコが盛んな地であり、視聴覚施設、専門図書館や音楽ライブラリにより、フラメンコという芸術について更に知識を深めるのに最適な地となっています。すぐ近くに、ヘレスにおいて最もフラメンコの伝統が強いサンティアゴ地区があります。 この白塗りの家々にはフラメンコ愛好会やヌエストラ・セニョーラ・デ・ラ・メルセド教会(市の守護聖母)やサンティアゴ教会に保管されている像を崇拝する同胞メンバーたちが集います。 ルネッサンス様式とバロック様式の要素を持つゴシック様式のデザインの建築には、「プレンディ(Prendi)と呼ばれる、囚われのキリスト像クリスト・デル・プレンディミエントがあり、聖水曜日にサエタと共にその宗教行列が出ます。ヘレスの主要な商店街を歩いて行くと、バロック様式のサント・ドミンゴ修道会(ムデハル様式の装飾で回廊に交差ヴォールトがあり、現在は展示室として使用されています)とドメック宮殿があります。ワイナリーと馬ヘレスの文化を知る別の方法は、原産地呼称のヘレス・セレス・シェリー・マンサニーリャ・サンルーカル・デ・バラメーダ(Jerez-Xérès-Sherry Manzanilla-Sanlúcar de Barrameda)を生産する数多くあるワイナリーの一つを訪問することです。 そこでは、伝統的または最新の製造方法を知り、異なる品種のシェリー酒を味わうことができます。 また、これらのワイナリーの建築物は独創的に際立っており、ギュスターヴ・エッフェルによって設計されたワイナリー(ゴンサレス・ビアスの「ラコンチャ」)、4,000以上の馬蹄形のアーチを持つ構造(グラン・ボデガ・デ・ドメック/Gran Bodega de Domeq)、近代運動「ドコモモDocomomo」を代表するアンダルシア歴史的遺産である「ボデガ・デル・ティオペペ」を見学することができます。 また、19世紀のラベル博物館を訪問することも興味深いです。カルトゥハ種の馬の飼育も、このアンダルシアの町の発展と深い結びつきがあります。 ここでは、世界観光財産に指定される馬祭りが開催されますが、その主役はもちろん馬と騎手です。 祭り開催時、乗馬や競技に、歌、舞踊、料理が加わり、フェリア会場に設けられたカセータは賑わい続けます。 この馬の伝統は、イェグア・デ・ラ・カルトゥハ(スタッド)、イェグア・ミリタル(軍事スタッド)、馬繁殖センターといった多くの機関にも明らかに見られます。 フランス人建築家ガルニエ設計の王立アンダルシア馬術学校であるレクレオ・デ・ラス・カデナス(Recreo de las Cadenas)では、「アンダルシア馬の踊り方」を調教する馬術講義に参加することができます。郊外では文化施設やレジャープランも多くあり、カルトゥハ・デ・サンタ・マリア・デ・ラ・デフェンシオン、国定モニュメント、ゴルフコースなどがあり、その一つはヘレス・デ・ラ・フロンテーラ空港から数キロのところにあります。ヘレスの料理は、その最も典型的なレシピに多くの種類のワインが使用されます。 肉や魚介類は両方ともシェリー酒で調理され、その種類には、フィノ、アモンティリャード、オロロソ、ペドロ・ヒメネスが挙げられます。 代表的な料理には、トマトスープ、ガスパチョ、ひよこ豆の煮込み、トリハス(ワインに浸した揚げパン)、トシーノ・デ・シエロ(卵黄のプリン)があります。 酢、ワイン、ブランデーは、ヘレスの原産地呼称指定でなければなりません。ヘレス・デ・ラ・フロンテーラは、コスタ・デ・ラ・ルスの広大なビーチへの良い出発地点でもあり、サンルーカル・デ・バラメーダ、カディスやチクラナ・デ・ラ・フロンテーラのような素晴らしい地域があります。 アンダルシアの白い村を構成する山村は、険しい地形に都市計画を統合する良い例となっています。 美しい自然の見られるコースとして、バイーア・デ・カディス、ドニャーナ、ブレーニャ、バルバテの湿地などの自然公園が挙げられます。へレス・デ・ラ・フロンテーラには多くの宿泊施設がありますが、近隣地域で一泊する2つの優れたオプションとして、カディスとアルコス・デ・ラ・フロンテーラのパラドールがあげられます。 

閉じる

目的地の情報すべてを次のウェブでご覧ください。
http://www.turismojerez.com/




マップ/所在地

ご案内したオススメ見学スポットの場所を、次のマップで確認できます。 お見逃しなく!



スペインで何をしますか?ご希望の「アクティビティー」をこちらからご予約ください


すべての活動を見る


X
Spain SevilleBarcelonaMadridCordobaMalagaValenciaA CoruñaCadizGranadaHuescaCáceresAlicante - AlacantGuipúzcoa - GipuzkoaPontevedraMurciaLleidaLa RiojaAsturiasCastellón - CastellóCantabriaVizcaya - BizkaiaToledoLugoGironaÁlava - ArabaJaénBurgosAlmeríaTarragonaHuelvaLeónTeruelÁvilaSegoviaCiudad RealSalamancaZaragozaValladolidBadajozNavarreCuencaZamoraPalenciaSoriaOurenseAlbaceteGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares MajorcaIbizaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaGran CanariaTenerifeFuerteventuraGomeraHierro