カーサル講堂。 サン・セバスチャン - ドノスティア(ギプスコア)

カーサル講堂。 サン・セバスチャン - ドノスティア(ギプスコア)


ドノスティア(Donostia) - サン・セバスティアン(San Sebastián)

所在地

Gipuzkoa

  • x

    サンティアゴ巡礼道、最初の「ヨーロッパ文化の道」認定そして世界遺産。 詳細


サン・セバスティアン市にはウルグル山とイヘルド山の間に白浜の湾があります。 漁村と風格ある郊外、そして近代的なエリアがこの街をカンタブリア海岸で最も魅力的な町の一つにしています。 サン・テルモ美術館やエル・ペイネ・デル・ビエント、カーサル講堂は、この街が伝統の中に近代的要素をどのように取り入れてきたかを示す良い例です。 サン・セバスティアンを首都とするギプスコア県では、旅行者は価値あるモニュメントや風景、スポーツ、料理の他に、海や山までもを満喫することができます。 世界的に認められているバスク料理。

詳細

サン・セバスチャンの市内は、ラ・コンチャ湾を見下ろすように形成されています。 端部に位置するイヘルド山からは、街の景色を楽しむことができます。 山の麓にあるプンタ・トレペアには、有名なバスクのアーティスト、エドゥアルド・チリーダによる「ペイネ・デル・ビエント」の彫刻が設置されています。 そして、ちょうどここから緑園とエル・ピコ・デル・ロロに囲まれたオンダレタ海岸が始まります。 ここはマリア・クリスティーナ女王( 18世紀)が避暑を取るための別荘、ミラマール宮殿を建設する地として選んだ場所です。 優雅なデザインの手すりや美しい街路灯の建つ遊歩道は、旧王宮浴場であるラ・ペルラ・デル・オセアノ保養地のあるラ・コンチャ海岸に沿っています。 海を見ながら進むと、旧カジノである現在の市庁舎へと辿り着きます。 この地区の海とウルメア川の間には旧市街とモンテ・ウルグル通り、そしてヨットハーバーと漁師の地区があります。 ウルグル山の頂上にはラ・モタ城とイエス・キリストの彫像が見られます。 道は頂上まで続いていますが、そのほかにロンペオラスの辺りを通る道もあります。旧市街サン・セバスティアンの最も古い地区にはゴシック様式のサン・ビセンテ教会、そしてルネッサンス・バロック様式のサンタ・マリア・デル・コロ教会があります。 旧ドミニコ修道院は、現在サン・テルモ博物館として考古学、民族学、そして絵画のコレクションを所蔵しており、是非ゆったり見学したい場所です。 周辺のにぎやかな通りを通っていくと、ポーチのあるラ・コンスティトゥシオン広場へ辿り着きます。 番号がふられ、白く塗られたバルコニーが、もともとはそこが闘牛場であったことを物語っています。そのバルコニーの間に建つネオクラシック様式の旧市庁舎は、現在市立図書館として使われています。アラメダ大通りは、古い壁の解体後に姿を現したロマンチックな街へと通じています。 ウルメア川のほとりには、ネオプラテレスコ様式のビクトリア・エウヘニア劇場とホテル・マリア・クリスティーナが見えます。 また、この合理的な地区に点在する、地方評議会があるギプスコア広場の庭園、コルド・ミッチェレーナ文化センター、郵便局を訪れるのもおすすめです。 また、ネオゴシック様式で建てられたサン・セバスティアンの大聖堂、エル・ブエン・パストールもあります。 再び川に戻ると、川をまたがる記念碑、マリア・クリスティーナ橋まで20世紀初頭の貴族の屋敷が建ち並びます。 彫刻家のマリアーノ・ベンリウレによる街灯が、エッフェルの設計した鉄道駅までの道を照らします。 川のこちら側には、エギア地区とグロ地区というトレンディな地区があります。 グロス海岸には、建築家のラファエル・モネオによって設計されたカーサル講堂など、近代的な建物も見られます。サン・セバスティアンは、その文化的なイベントでから推測できる通り、バスク色の強い国際都市です。 レガッタ競技の行われるラ・タンボラーダやセマナ・グランデからは街の伝統が感じられる一方、名高い映画祭やジャズフェスティバルにはこの街の国際的資質が認められます。 この街を訪ねる機会があれば、たとえ事前に宿泊施設の予約が必要であっても、是非足を運ぶ価値があります。ギプスコア街のさまざまなエリアを歩きながらその文化に触れるには、一例として料理を楽しんでみるとよいでしょう。 バスク料理は、素材の質とシェフの技術、伝統的なレパートリーと優れた創造性から、国際的に髙い評価を得ています。 スペイン屈指のレストランのいくつかはサン・セバスティアンにあります。 農作物や魚介類を使用するレシピは、原産地呼称認定を受けたゲタリア産チャコリーとともに楽しまれます。ギプスコア県には海岸線の素晴らしいビーチや漁村、そして内陸部に位置する歴史的に重要な村には自然豊かな空間が広がります。そのため、好みがさまざまな旅行者も満足することができるのです。 フランスから海岸沿いにビスカヤまで下ってくると、歴史的・芸術的モニュメントとして登録されているオンダリビア/フエンテラビアの旧市街を訪れ、パラドールに滞在するのもおすすめです。 その他にも、サラウツ、ヘタリア、デバ、ムトリクでは、広大に広がる海岸に興味深いモニュメントが見られます。川や谷に沿って進むと、県内陸部へと辿り着きます。 また、オーリアの流れに沿って、重要な遺産を保持するトロサ、オルディシア、ラスカオの歴史的な町が並んでいます。 エル・バジェ・デ・ウローラ には、旧市街や、アスペイティアの中世の街であるカストーナ/セストア保養地、そしてバスク宗教の中心部であるサン・イグナチオ・デ・ロヨラ教会があります。 ギプスコアで最も風格のあるベルガラの町や、エルゲタなどの美しい館はエル・バジェ・デル・デバで見られます。豪華なモニュメントに加え、バスク地方は自然への害が少ないさまざまなスポーツが楽しめる自然環境が豊かにあります。 また、アティスコリ、アララル、アイアコ/アリア、パゴエタにある自然公園は優れたエコシステムを誇ります。

閉じる

目的地の情報すべてを次のウェブでご覧ください。
http://www.sansebastianturismo.com/es/




マップ/所在地

ご案内したオススメ見学スポットの場所を、次のマップで確認できます。 お見逃しなく!



スペインで何をしますか?ご希望の「アクティビティー」をこちらからご予約ください


すべての活動を見る


X
Spain SevilleMadridCordobaMalagaValenciaA CoruñaHuescaGranadaBarcelonaCastellón - CastellóLleidaCadizCáceresLa RiojaMurciaAlicante - AlacantPontevedraAsturiasGuipúzcoa - GipuzkoaVizcaya - BizkaiaCantabriaLugoBurgosJaénToledoAlmeríaTarragonaÁvilaÁlava - ArabaHuelvaGironaCiudad RealLeónTeruelZaragozaSalamancaZamoraBadajozNavarreSegoviaCuencaValladolidPalenciaSoriaOurenseAlbaceteGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares IbizaMajorcaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaTenerifeGran CanariaFuerteventuraGomera