Buen Retiro Park

所在地

Madrid

スペインの首都マドリッドは人口約300万人、標高650m、イベリア半島のほぼ中央に位置します。政治、経済、文化の中心であるとともに、新旧コントラストのある観光都市です。石畳の一つ一つから人々の歴史と生活のぬくもりが伝わってくる旧市街がある一方で、高層ビルが立ち並ぶ「カスティーヤーナ大通りのマンハッタン」と呼ばれる近代的な新市街があります。9世紀、スペインの歴史に大きな影響を及ぼしたアラブ人は現在のマドリッド王宮の場所に砦を築き、これがマヘリット(アラビア語で「砦」)マドリッド の始まりとされています。

詳細

イベリア半島の地理的真ん中に戦略的に位置する首都マドリッドは、標高646メートルの高さにあり、ヨーロッパの大都市の中でも重要な歴史地区を保存しています。 近代的で快適な基幹施設、幅広く提供される宿泊施設や諸サービスそして通信や視聴覚メディアにおける最新のテクノロジーなどがそうした旧市街と調和をなしています。こうした諸条件と共にダイナミックで開かれた社会の勢い、そして明るく歓待してくれる大都市であることがこの町を西欧世界の重要な首都のひとつとする由縁です。

前期旧石器時代から人類が居住したにも拘らず、マドリッドが首都と定められたのは1561年にフェリペ2世国王がその広大な帝国の首都とした時でした。歴史地区はその当時スペインを支配した「オーストリア家のマドリッド」としても知られ、また1620年に設立された印象的なマヨール広場、スペインの典型的な広場で大変ポピュラーな一隅などが16世紀から17世紀にかけてのこの町の栄華を示すよい例といえます。

マヨール広場の近くにいわゆる「貴族の中心」があり、バロック様式と古典主義様式を折衷した17世紀の壮大な建物である王宮に圧倒されます。王宮の傍にオリエンテ広場、オペラ劇場そして1993年にヨハネ・パウロ2世によって聖別された現代的なアルムデナ大聖堂があります。多様で選り抜きの商業地区に囲まれたプエルタ・デル・ソルと比類のない美術館があるために「芸術の散歩道」とよばれる地区、宮殿や庭園がそのモニュメント群を構成し、スペイン銀行、通信宮殿や大地の女神シベーレスの噴水や海神ネプチューンの噴水などがそれぞれに独自の光を放っています。

芸術と文化がマドリッドのイベントカレンダーでは重要な地位を占めています。首都マドリッドには人類の知識のすべてを一望できる60以上の美術館・博物館があります。中でも、世界有数の絵画館であるプラド美術館、また初期フランドル派から前衛芸術までの800点以上の作品を擁するティッセン・ボルネミッサ美術館、そして、ピカソ、ジョアン・ミロ、サルバドール・ダリやフアン・グリスらの作品を所蔵しスペイン現代美術を代表するソフィア王妃芸術センター国立美術館が特筆に値します。

スペイン王家のくつろぎの場として利用されていたレティーロ公園や、カサ・デ・カンポ、フアン・カルロス1世公園など広く手入れの行き届いた公園や庭園では、太陽と散歩を楽しみ、池でボートを漕いだり、リスに餌をあげたりすることもできます。マドリッドはヨーロッパでも緑の多い首都のひとつです。一方、世界中から毎週1千便以上が到着する重要な国際空港、2つの大きな会議センター、カンポ・デ・ナシオネスの近代的な見本市会場、そして8万人の収容能力があるその他の会議場を備えるマドリッドはヨーロッパでも最も魅力のあるビジネスの中心のひとつでもあります。

しかし、マドリッドを特徴づけるものがあるとしたら、それは人々の親しみやすさに反映される人生への深い情熱です。コンサート、展覧会、舞踊、すばらしい演劇や最近封切りの映画を楽しみ、最高のスペイン料理と各国料理を幅広く賞味して、バルや居酒屋の魅力を味わうことなどが、マドリッドでのレジャーのいくつかですが、もちろん、伝統的な店での買い物や国際的なブランドやメーカーの主要な店舗でのショッピングの誘惑に任せるのも楽しいでしょう。

バラエティに富み雰囲気のよいバル、パブ、ディスコやフラメンコ舞踊のタブラオなどで楽しめるマドリッドの活気のあるナイトライフもスペインの首都の重要な魅力のひとつです。

閉じる




マップ/所在地

ご案内したオススメ見学スポットの場所を、次のマップで確認できます。 お見逃しなく!



マドリッド あなたに

文化

伝統と現代性の魅力的な混淆

マドリッドでは何世紀にもわたって残されてきた異なる様式を反映する多様な芸術を鑑賞することができます。

古いアラブの城壁の遺跡に始まり、ゴシック様式の小さな教会からルネッサンス様式初期の作品まで、マドリッドはその発展の過程で豊かな芸術作品を残してきました。マドリッドの呼称は、マンサナーレス川のほとりにコルドバの後ウマイヤ朝のムハンマド(823-886)が建てさせた要塞に付けられたアラビア語の名前Magerit(「水の母」)に由来します。マドリッドは200年間アラブ人の支配下にありましたが、城壁の一部の遺跡と後世に鐘楼となった塔がその当時を偲ばせるのみです。16世紀以降オーストリア家が到来し、17世紀に絶頂期を迎え、現在首都で最もよく知られる地区のひとつであるオーストリア家のマドリッドのモニュメント群が形成される始めとなり、マヨール広場の他、味わいと芸術に満ちた一隅や教会、修道院などがたくさんあります。様々な邸館の豪華な内装とは対照的に、そのファサードは厳格なバロック様式です。   18世紀になると、マドリッドの中心にある壮麗な王宮、サバティーニ庭園、カンポ・デル・モロ庭園に新古典様式の跡が残されました。サン・フランシスコ・エル・グランデ教会、プラド通りの噴水、トレド橋、プラド美術館またはアルカラの門などもこの様式の見事な例です。   より近代的で前衛的なマドリッドはグラン・ビアとラ・カステリャーナの2つの大通りにある旧市街の拡張地区で見ることができます。グラン・ビア通りの工事は20世紀初頭に始められ、今日では商業、娯楽そして宿泊施設の中心地となっています。ラ・カステリャーナ散歩通りは、町の南北に走り、近代的で前衛的な建物に本社を構えた諸企業や首都でも最もエレガントなホテルのいくつかがあります。マドリッドの受け継いだ建築遺産も重要ですが、その芸術的豊かさはやはり美術館にあります。

詳細

近接した三大美術館が、すでによく知られている芸術の散歩道を形成しています。国立プラド美術館、ティッセン・ボルネミッサ美術館そしてソフィア王妃芸術センター国立美術館。プラド美術館は、多くの専門家から世界一の絵画館と見なされ、16世紀から17、18世紀にわたるイタリア、フランドルそしてスペイン絵画の傑作を含む、世界的でも最高の完璧なコレクションを所蔵しています。プラド美術館には、ボッシュ、ルーベンス、ゴヤベラスケス、ムリーリョ、フラ・アンジェリコ、ボッティチェリ、ティツィアーノ、ラファエロ、ヴァトー、ティントレット、エル・グレコ、リベラ、スルバラン…その他多数の画家の作品があり、またすぐれた古典彫刻コレクションも鑑賞することができます。プラド美術館は、一般公開の時間外にグループでのガイド付きプライベートツアーを提供しています。この芸術との出会いは忘れがたいものとなるでしょう。 テッセン・ボルネミッサ美術館には、私蔵コレクションが所蔵されていますが、1993年にマドリッドに恒久的に譲渡されました。13世紀の初期派の作品から20世紀の前衛派まで幅広い時代の代表作を蔵していることで大変重要なコレクションとみなされています。デューラー、ティントレット、ドガ、カンディンスキー、ゴヤ、セザンヌ、マティス、ダリミロピカソまたはルノワールなどが、このコレクションに含まれる芸術家の何人かです。 「芸術の散歩道」の最後はソフィア王妃芸術センター国立美術館、ここはピカソの「ゲルニカ」そしてスペインを中心とした現代絵画コレクションを収容していることで有名です。 これら三大美術館の重要性がマドリッドにあるその他の美術館・博物館の豊かさと多様性に不当に影を落としているかもしれません。もし時間が許せば、幅広いオプショの中からお選びいただけます。その他の重要な美術館なら王立サンフェルナンド美術アカデミー、市立博物館やテーマ博物館なら、ロマン主義博物館、鉄道博物館、海軍博物館、軍事博物館、アメリカ博物館、国立考古学博物館、国立自然科学博物館などがあります。 同様にマドリッドには西洋史の重要な遺産を形成する宮殿やモニュメント群があります。国家遺産委員会は王室が利用する国の財産の保管および何世紀にもわたり歴代の王たちによって設立された尼僧や僧侶の修道院の管理を担う組織です。すぐれた芸術的価値をもつこれらの遺産は何世紀にもわたりスペイン文化の原動力となってきました。一般公開されているモニュメントは、マドリッド王宮、名士のパンテオン、デスカルサス・レアレス修道院、王立エンカルナシオン修道院、エル・パルド宮殿、アランフエス宮殿、王立エル・エスコリアル修道院、エル・エスコリアルの王子の家、皇太子の家そして戦没者の谷サンタ・クルスのベネディクト会修道院などです。 スペインの首都マドリッドの幅広い文化について簡単に知るには観光カードマドリッド・カードを利用するのがよいでしょう。カードにはマドリッド市と周辺の象徴的なモニュメントや40以上ある美術館・博物館の入場料も含まれています。その上、市の観光局が主催するガイド付きツアープログラム「マドリッド発見」ツアーのすべてに参加できます。観光オフィスまたは次のHPからインターネットで購入できます。www.madridcard.com  

閉じる


アクティブに楽しもう

自然を発見する

マドリードは、スノースポーツや山中のスポーツを実践できる自然の美しい山、シエラ・デ・マドリードからアランフエスや周辺をマンチェゴの風景に囲まれたアルカラ・デ・エナーレスまで、様々な顔を持つ豊富な自然環境に恵まれています。

ゴルフ、ヨット、ウインドサーフィン、乗馬、気球、トレッキングなどはその一例です。 また、マドリード市民には、歴史的に有名なアランフエスの王宮庭園やマドリードのレティーロ公園、カサ・デ・カンポをはじめとする数々の公園や都会の庭園も大人気です。 また、できて間もないフアン・カルロスI公園やティエルノ・ガルバン公園などもあります。 これらの公園は全て市内の異なる地区に点在し、緑あふれる美しい空間を作り出しています。


ガストロノミー

マドリッド、スペイン料理の窓

マドリッドでは、スペイン各地の様々な料理を味わう事ができます。この街には、アンダルシア、バスク、ガリシア、アストゥリアスなど各地方から料理が流入し、その総称としての「マドリッド料理」を育ててきました。

ただ、マドリッド地域特有の料理や調理法もがあるのも事実です。中でも典型的なのは、コシード・マドリレーニョ(cocido madrileño)。これは、ヒヨコマメ、野菜(キャベツ、セロリ、ニンジン、カブ、ジャガイモ)、鶏肉、牛肉、豚肉を一緒に煮込んだシチューのことです。それから牛の胃袋の煮込み料理カヨス(callos)。こういった郷土料理は有名レストランでもメニューとして載せているところがあります。 ほかにも、にんにくスープ(sopa de ajo),エスカルゴ(caracoles)、ポテトオムレツ(tortilla de patatas)、また内陸の地ではありますが、真鯛のオーブン焼き(besugo al horno)やタラ(bacalao)料理などの魚料理も人気です。菓子類は、古くからの伝統的なものがたくさんあります。例えば、春、特に聖週間の時に食べるフレンチトーストに似たトリハス(torrijas)、バルキーヨス(barquillos)と呼ばれるウエハース、バルトリーヨス・コン・クレマ(bartolillos con crema)と呼ばれるカスタードパイ、また、12月によく食べるドーナツに似たブニュエロス(buñuelos)や、クリスマスシーズンの典型的なお菓子マサパン(mazapan)やトゥロン(turron)、サン・イシドロ祭の時に食べるアニスのドーナツ、ロスキーヤス・デ・アニス(rosquillas de anis)など、盛りだくさんです。   スペインの他の地方同様マドリッドでも小皿料理、タパス(tapas)は古くから人気があります。市内にはタパスのみをメニューとして出すバルもあり、“タパスを食べに行く(ir de tapeo)”のはマドリッド市民にとって大きな楽しみのひとつです。数え切れないほどあるマドリッドのバルでは、ワインやビールを飲みながらタパスをつまむ人々の光景を目にすることでしょう。


若者向け

24時間楽しみ続ける

若者にとってマドリードは24時間楽しみが見つかる都市です。

その可能性は無限です。 ドス・デ・マヨベラノス・デ・ラ・ヴィラ秋祭 は、年間を通じて開催されるカルチャーイベントやエンターテイメントの一例であり、コンサート、映画、演劇、ダンスなど若い観客向けのイベントが数多く行われます。 また、国際的なアーティストの コンサート から、レアル・マドリードのホームでの試合など大都市ならではのイベントが楽しめます。   また、マドリードの ナイトライフ は特に週末に盛り上がります。 点在する レジャーエリア やマドリード市内のディスコやバル、カフェテリア、ホール、 流行の店 などが、にぎやかな夜の雰囲気を作り出します。 夏場には街中の無数のテラスは、明け方まで楽しいおしゃべりで盛り上がります。 マドリードのナイトライフのメインエリアは マラサーニャ地区 とドス・デ・マヨ広場周辺です。 アルグエージェス地区と モンクロア地区 は学生が集い、 カステジャーナ通り 周辺には流行のショップが並びます。 また、 市が提供する 数々のナイトイベントもあります。様々な施設で、スポーツやインターネット、ゲーム、演劇クラス、音楽、ダンスなどのイベントが無料で楽しめます。 マドリードでは優れた 施設 でレベルの高いスポーツが楽しめます。 アウトドアスポーツであれば、郊外でトラッキングや乗馬、サイクリング、登山など、また、冬場にはスキーやスノーボードなどが楽しめます。

詳細

文化愛好家のために、マドリードでは美術館、博物館、展覧会の若者向け特別料金が設けられています。 国際学生証ISICカードや学生証を提示することにより、大半の美術館、博物館、展覧会で割引を受けることができます。 18歳未満の場合、身分証明書の提示によって、プラド美術館やソフィア王妃芸術センターなど首都の重要な美術館に無料で入館できます。市内の移動も若者にとってとても簡単です。23歳未満を対象とした特別料金の有効期限1カ月定期券があります。

閉じる


お子様と一緒に

一年中楽しみがいっぱい

マドリードには小さなお子様を対象としたレジャーがたくさんあります。 動物が大好きで自然への好奇心が旺盛なお子様たちにはカサ・デ・カンポの動物園や、楽しみながら自然に触れ、忘れられない体験ができ、生物について楽しく学べるテーマパーク、ファウニアがお勧めです。 また、マドリードのパルケ・デ・アトラクシオネス遊園地やテーマパーク、ワーナー・ブロスでも大興奮の一日が楽しめます。 世界屈指の魅力あふれる都市の一つ、マドリード

マドリードでは、博物館を楽しめるのは大人たちだけではありません。 3D映画スクリーンのある プラネタリウム 、歯が抜けるたびに子どもたちにプレゼントを持ってきてくれる子ネズミの家、 ラトンシート・ペレス博物館 、子供たちが大人の世界の職業を体験できるサン・セバスティアン・デ・ロス・レジェス(マドリード市内より約30分)の ミクロポリス などがあります。 その他、学校のグループ見学や一般児童を対象としたガイド付きツアーを用意している美術館や展示会も数多くあります。

詳細

子供と楽しむマドリード

マドリードでは小さなお子様たちも楽しめる文化イベントもあり、子供向け演劇や、1月5日の夜に開催される東方三賢者のパレード、フアン・カルロス1世公園で毎年開催される幼児から青少年向けのフベナリアなど、シーズンごとのアクティビティがあります。また、街の多くの映画館では、週末や祭日、午前中に子供向けの映画が上映されます。夏季には、子供たちは、市営プール、マドリード自治州内にあるビジャヌエバ・デ・ラ・カニャダ、サン・フェルナンド・デ・エナレスのアクアパークなどの大型施設で楽しむことができます。マドリード北部にあるマドリッド山岳地帯は、冬に小さな子供と雪を楽しむのに最適な場所です。  

閉じる


ショッピング

無限の可能性

繊細な骨董品から最新のデザインまで、家具やブランドファッション、プレゼント、お土産、厳選されたグルメ製品などがショーウインドウを飾り、通りを行く人々の目を楽しませてくれます。 マドリードでは、小売店やショッピングセンター、マーケットでのショッピングで無限の可能性を楽しめます。

マドリードでは市内、郊外を問わず、ほとんどの商店やショッピングセンターが一日中営業しており、世代を問わずショッピングを楽しめます。 マドリード市内には、主なショッピングエリアが5つあります: サラマンカ地区、チュエカ地区、セントロ地区、プリンセサ地区、そしてクアトロ・カミノス地区です。

その他の役立つ情報

営業時間:ほとんどの商店およびショッピングセンターは10:00~20:30または21:30まで営業しています。 伝統的な商店の営業時間は10:00~14:00と16:30~20:30です。 バーゲン:一般的に、冬季は1月の第2週目から始まり2月末まで、夏季は7月1日から8月末までです。 支払い方法:通常、現金またはカードで支払います。カードの場合はパスポートまたは身分証明書の提示が必要です。 Tax Free(税金免除):欧州連合(EU) 圏外在住者の場合、90.15ユーロ以上購入の際には付加価値税(VAT)の還付を受けることができます。 マドリード・ショッピングツアー:ミニバスを利用して市内の主要なショッピングエリアをガイド付きで廻ります。数々のショップにて割引が適用されます。 さらに、ショッピング・VIPパックのオプションがあります。お買い物の荷物をホテルまで運んでもらえ、提携ショップでは割引とプレゼントのサービスが受けられます。 ラス・ロサス・ビレッジ・ショッピングツアー:マドリード市内からわずか30分の所にあり、スペイン国内外の95以上の有名ブランド店舗が並ぶお得なアウトレットモールです。特別サービスが受けられます。 詳細はwww.lasrozasvillage.comでご覧ください。  


ビジネス

サービスに専念する戦略ポイント

マドリッドには2つのコンベンションセンターと2つの見本市会場複合施設があり、見本市、会議、展示会などの開催用設備が非常によく整っています。 近代的なサービス設備、町の収容能力と高い水準により、毎年500万以上の専門家たちが集い、様々なイベントが催されています。

マドリードでは立派な宮殿や城と近代的なビルが共存し、会議、会合、あらゆる種類のレセプションを開催するための会場を様々な選択肢の中からお選びいただけます。 ここマドリードでは、各々の雰囲気に見合った最適なイベント会場が見つかることでしょう。 こうしてマドリッドは、世界でも人気のビジネス会議やコンベンションの開催地となっています。 の事実を認識し、町の宿泊施設の規模は常に成長し近代化し続けています。 マドリッドのホテルは優れた質を誇り、6万5000ベッド以上の収容能力を持ち、その約半数を4つ星、5つ星のホテルが占めています。 ヨーロッパの平均を上回る施設と、極めてプロフェッショナルで、親切、そしてお客様のニーズに適したサービスによる快適さとを合わせてご提供いたします。    


ナイトライフ

マドリードの生き生きとしたナイトライフは、特に週末に盛り上がります。 点在するレジャーエリアやマドリード市内のディスコやバル、カフェテリア、ホール、流行の店などが、にぎやかな夜の雰囲気を作り出します。 夏場には街中の無数のテラスは、明け方まで楽しいおしゃべりで盛り上がります。 夕暮れから夜明けまで、この街のナイトライフを満喫するためのいくつかのアイデアをご紹介します。

夜の始まり (20時頃から23時頃まで) ミュージカルや観劇:マドリードでは、シーズンごとに数多くのミュージカルが上演され、忘れがたいひと時を過ごすことができます。 上演されるオリジナルのミュージカルはスペインのみで鑑賞可能な作品です。 その他、クラシック作品をアレンジした作品も見逃せません。マドリードならではの上演が楽しめます。 どのミュージカルを観るか迷っているなら、グランビア通りを歩いてみましょう。いくつもの劇場が通りの両側に建ち並んでいます。 タパス: マドリードは、誰もが大好きな「タパスのはしご」に最適な街です。友人たちと爽やかなビールやおいしいワインを片手に、心地よいおしゃべりをしながらバルからバルへと飲み歩き、美味しいスペイン料理(トルティージャ、ブラバ風ポテト、コロッケ、イカ、タラ、雄牛のしっぽなど)をつまんでいきます。 旧市街(主にウエルタ地区とラティーナ地区、さらにマヨール広場周辺)にはタパスだけでなく、もう少し量の多い一品料理も頼める昔ながらの食堂(入り口の壁にタイルが並べられているので一目でわかります)や現代風のレストランもあります。

詳細

スペイン全土の郷土料理や五大陸の料理も楽しむことができます。 国際色豊かなレストランや郷土料理の店が多数あるため、様々な国の代表的な料理が簡単に味わえます。 このようなレストランの多くは、ウエルタス地区、ハシント・ベナベンテ広場、ティルソ・デ・モリナ広場周辺、フエンカラル通り、スペイン広場周辺にあります。

閉じる



スペインで何をしますか?ご希望の「アクティビティー」をこちらからご予約ください


すべての活動を見る




X
Spain SevilleMadridMalagaCordobaA CoruñaHuescaBarcelonaGranadaCadizValenciaCastellón - CastellóLleidaCáceresMurciaLa RiojaPontevedraAsturiasAlicante - AlacantCantabriaVizcaya - BizkaiaLugoGuipúzcoa - GipuzkoaBurgosJaénAlmeríaToledoTarragonaÁlava - ArabaTeruelÁvilaHuelvaLeónCiudad RealGironaZaragozaZamoraSalamancaSegoviaBadajozNavarreCuencaValladolidPalenciaSoriaOurenseAlbaceteGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares IbizaMajorcaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaTenerifeGran CanariaFuerteventuraGomeraHierro