このウェブサイトは、最高のユーザーエクスペリエンスを確保するためにCookie(クッキー)を使用しています。あなたが閲覧を続ける場合は、クッキーの使用に同意するものと見なされます。詳細情報、または設定を変更する方法をお知りになりたい場合は次をご覧ください。 クッキーポリシー




お問合わせ

Plaza de la Reina s/n
46003  Valencia, Valencia-València  (Comunidad Valenciana)
cabildo.metropolitano@catedraldevalencia.es
www.catedraldevalencia.es
Tel::+34 661909687
Fax::+34 963918120

所在地

自治州 :
Comunidad Valenciana

県/島 :
Valencia-València

Valencia-València

予約

Tel.: +34 661909687

予約


概要

このゴシック様式の大聖堂は、バレンシアで一番大きな教会で、その「ミゲレテの塔」は町の象徴です。

過去をたどってみると、現在大聖堂が立っている同じ位置にローマ時代には神殿が、西ゴート時代にはキリスト教会が、回教時代にはモスクが次々に造っては壊されてきました。今の大聖堂の建設が始まったのは13世紀中頃で完成は14世紀末ですが、17~18世紀にも手を加えてあるためバロックやネオクラシックの様式も多く見られます。外観の特徴はそれぞれの時代を反映した3つの扉にあります。サラゴサ広場(Plaza de Zaragoza)に面した正面入口の扉はイタリア式バロックを取り入れてあり、3つのうちで一番新しいものです。「パラウの門」(Puerta del Palau)は「南門」とも呼ばれ、アルモイナ広場(Plaza de la Almoina)に面していてロマネスク様式です。ビルヘンの広場(Plaza de la Virgen)にある北側の「使徒の門」(Puerta de los Apostoles)はゴシック様式で彫刻像が沢山扉のまわりを飾っています。正面入口を入ってすぐ右手へ進むと「聖杯礼拝堂」(Capilla del Santo Caliz)につきあたります。この礼拝堂ではその名が示す通り、正面中央のくぼみに飾ってある聖杯に注目しましょう。これはイエスキリストが弟子達との最後の晩餐の折に使った聖杯であると伝えられています。メノウでできた器で、考古学的にはローマ時代のものと証明されています。宝石の飾りがついた台座は13~14世紀頃のアラブの工芸品です。 最後の晩さんの聖杯がどういう経路でスペインへたどりついたのかというと、まず聖ペテロがローマへ持って行き、のちのキリスト教迫害の時代にスペインのウエスカ生れの聖ロレンソが生れ故郷に送り、めぐりめぐって15世紀頃バレンシアのカテドラルに落ち着いたのだと言われています。カテドラル正面入口の左手には八角形の「ミゲレテの塔」(El Miguelete)が建っており、この上へ登るとバレンシア市内が見渡せます。きわだって高い建物がない旧市街の落ち着いた様子と教会の多いことに気がつくことでしょう。

建造物:
大聖堂

芸術的時代:
ゴシック

歴史的時期:
13世紀

周辺:
ミゲレテの塔

お役立ち情報

開館時間

開始日 04/01 終了日 10/31
‐ 月曜 終了日 土曜
‐ 10:00 から 18:30

祝日 と 日曜
‐ 14:00 から 18:30

開始日 11/01 終了日 03/31
‐ 月曜 終了日 土曜
‐ 10:00 から 17:30

祝日 と 日曜
‐ 14:00 から 17:00

料金

一般: 5€
割引: 3,50€
グループ: 3,30€

サービス

ガイドつき見学, 音声ガイド

マップ


この近く