このウェブサイトは、最高のユーザーエクスペリエンスを確保するためにCookie(クッキー)を使用しています。あなたが閲覧を続ける場合は、クッキーの使用に同意するものと見なされます。詳細情報、または設定を変更する方法をお知りになりたい場合は次をご覧ください。 クッキーポリシー




お問合わせ

Calle Molina Lario, 9
29015  Málaga  (Andalucía)
www.malagaturismo.com
Tel::+34 952220345
Tel::+34 952228491

所在地

自治州 :
Andalucía

県/島 :
Málaga

Málaga

概要

アンダルシアのルネッサンス建築の最高傑作の一つ

カトリック両王の命により建設された大聖堂。“ラ・マンキータ”(“片腕”の意)という愛称で知られています。

エンカルナシオン大聖堂(Catedral de la Encarnación)は、マラガの最も重要な建造物の一つですが、南側の塔と正面ファサードは未完成のまま残されています。旧市街地のこの場所には、かつてイスラム教寺院メスキータがありました。16世紀前半、カトリック両王の命により当時はゴシック様式で大聖堂の建設が始まり、その後工事は17~18世紀まで続きました。この大聖堂には庭園や美しいパティオがあります。内部はルネッサンスおよびバロック様式の影響を受けており、特筆すべきは中央の内陣の聖歌隊席(17世紀)やペドロ・デ・メナによる彫刻です。また一連の礼拝堂も興味深く、なかには教会の名前の由来となったキリストの受肉(=エンカルナシオン)をテーマにしたものもあります。

建造物:
大聖堂

芸術的時代:
バロック

歴史的時期:
18世紀

お役立ち情報

開館時間

‐ 月曜 終了日 金曜
‐ 10:00 から 18:00

土曜
‐ 10:00 から 17:00

休館日: 日曜, 祝日

月~金の10:00~18:45、土曜の10:00~17:30。 閉館:日曜・祝日


料金

一般: 5€
グループ: 3€
割引: 2€
小人: 0,60€
一般: 3,50ユーロ、割引料金: 2,50 ユーロ (グループ)  13歳未満無料

サービス

ガイドつき見学 文書館、図書館はガイド付き見学有

マップ


この近く