所在地

Valencia-València
  • カテゴリー: 国際的な観光名物祭り

  • x

    世界遺産、ユネスコから授与される認証。




概要

バレンシアはラス・ファジャス(火祭り)で春を迎えます。 一瞬にして焼き尽くされてしまうボール紙で作られた数々の巨大な張子人形は、何カ月もかけて準備されます。 この火祭りは、2016年にユネスコの世界遺産に登録されました。

ラス・ファジャス(Las fallas)と呼ばれるこの火祭りは、バレンシアで最も国際的な祭りです。 3月19日の週、バレンシアの街は、芸術性、独創力、センスの良さを競い合うこのコンクールのために作られた「二ノット(ninot)」と呼ばれる巨大な張子人形で埋め尽くされます。 この祭りは、昔、大工職人達が冬に仕事場の照明として使っていた「パロット(parot)」と呼ばれる木製のランプをサン・ホセの日の前夜に街中で燃やしていたことがその起源であると言われています。 当初は、ランプをぼろきれで飾った人形を燃やしていましたが、19世紀半ば頃から次第に大きく、高く、形も改善された巨大な張子人形が作られるようになりました。

祭り中の最も重要なイベントは19日の週に行われますが、「マスクレタ(mascletás)」と呼ばれる爆竹ショーが3月1日より連日14時に市庁舎広場で行われ、バレンシアの街を盛り上げます。 3月15日の夜、ようやく火祭りの伝統的な「プランタ(plantà)」が行われ、全ての張子人形が配置されます。 街中や広場に700以上の人形を配置する作業が一晩中続くのです。 高さが20メートルにもなる巨大な張子人形もあるため、中には数日前から準備に取りかかる作品もあるほどです。 そして16日、バレンシアの街は、政治家や有名人、その年最も話題になった出来事などをユーモアいっぱいに風刺した数多くの作品と共に朝を迎えます。

光と音楽と花火の魅惑的なショーと共に行われる「クレマ(cremà)」と呼ばれる人形焼きが行われる19日と20日の深夜まで、これらの傑作を楽しむことができます。 人気投票で最も投票数の多かった作品1点だけは、点火されず「火祭り博物館」のコレクションに加えられますが、その他の張子人形は全て燃やされます。 また、この祭りでさらにもう一つ感動的な場面は、3月17、18日にラス・ファジャス委員会メンバーが守護聖人である聖母像にカーネーションの花を捧げるオフレンダと呼ばれる献花パレードです。花で飾られた像の高さは14メートルにも及びます。 さらに、夜祭り、パレード、闘牛、コンクール以外にも数々の楽しいイベントが開催されます。

お役立ち情報

  • 日付 : 開始日 2018/03/15 終了日 2018/03/19
  • 場所: Valencia (Valencia-València. Comunidad Valenciana)

時間と料金

開館時間

  • 開始日 2018/03/15 終了日 2018/03/19
  • 開催日は確定していません 2017


*このインフォメーションは変更される可能性があります。

マップ





X
Spain BarcelonaSevilleMadridCordobaMalagaValenciaCadizA CoruñaGranadaHuescaCáceresCantabriaAlicante - AlacantMurciaLleidaGuipúzcoa - GipuzkoaCastellón - CastellóPontevedraAsturiasLa RiojaVizcaya - BizkaiaGironaToledoÁlava - ArabaLugoJaénAlmeríaTarragonaBurgosHuelvaSegoviaZaragozaTeruelÁvilaSalamancaCiudad RealLeónValladolidBadajozCuencaZamoraNavarreOurenseSoriaPalenciaAlbaceteGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares MajorcaIbizaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaGran CanariaTenerifeFuerteventuraLa GomeraHierro