お役立ち情報



所在地

Huelva
  • カテゴリー: 国際的な観光名物祭り



概要

100万人を超える人々と100にも上る信心会の一行が、ロシオ村を目指す巡礼路は、賑やかなお祭りムードに包まれます。

宗教と宴が混ざり合ったこのお祭りは、聖週間が終わってから50日後に催されます。数十万人もの人々がスペイン各地だけでなく、他国からも訪れて、アルモンテ(ウエルバ)から17キロにあるロシオ村のブランカ・パロマの聖堂へ向けて年1回の巡礼を行います。

祭りの1週間前から、ウエルバ、セビージャ、カディスやその他の地方の拠点からそれぞれのロシオ信心会が出発し、土曜日にロシオ村に到着して、そこから月曜日まで続く巡礼祭に参加します。最も伝統的なロシオ巡礼は、フラメンコ衣装を身に着て馬で、または馬車で、あるいは歩いて行います。日中には、信心会は、民謡などの歌を声高く歌いながら賑やかに進み、夜になると野外にキャンプして、焚き火のまわりで歌い、踊り、食べ物や飲み物を分け合いながらの楽しい宴を夜半すぎまで続けます。カディスから来る人々が通るドニャーナ国立公園を通り抜ける「サンルーカルの道」、アルモンテから続く最も古い道「リャノスの道」、ウエルバから来る人々が通る「モゲールの道」、そして、スペインのその他の地方や他国から訪れる人々によって利用されることが多い「セビージャの道」の4つの代表的な行程があります。

ロシオ村に着いた順に巡礼者たちはテントを張り、ほかの信心会の到着を待ちます。土曜日には、鐘が鳴り続けるなか、マリア像へシンペカド(信心会のシンボル)を捧げるための行進が行われます。日曜日には、ミサが捧げられ、そして夜になるとこの週末でも最も感動的な瞬間「柵越え」を心待ちにして誰もが眠りません。月曜日の朝にアルモンテの人々がマリア像を礼拝堂から担ぎ出すために祭壇の柵を越え、像を肩に乗せて村を練り歩きます。行事が終了すると信心会の人々は帰路に着きますが、頭のなかではもう翌年の巡礼のことを考えているのです。

お役立ち情報

  • 日付 : 2018/05/20
  • 場所: Almonte (Huelva. Andalusia)

時間と料金

開館時間

  • 2018/05/20

*このインフォメーションは変更される可能性があります。

マップ





X
Spain BarcelonaSevilleMadridMalagaCordobaA CoruñaValenciaCadizGranadaCantabriaCáceresMurciaPontevedraLleidaAlicante - AlacantLa RiojaGuipúzcoa - GipuzkoaCastellón - CastellóAsturiasLugoVizcaya - BizkaiaGironaHuescaToledoBurgosJaénTarragonaÁlava - ArabaAlmeríaÁvilaLeónHuelvaSegoviaZaragozaTeruelSalamancaCiudad RealValladolidNavarreBadajozCuencaZamoraPalenciaOurenseAlbaceteGuadalajaraSoriaCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares MajorcaIbizaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaGran CanariaTenerifeFuerteventuraLa GomeraHierro