このウェブサイトは、最高のユーザーエクスペリエンスを確保するためにCookie(クッキー)を使用しています。あなたが閲覧を続ける場合は、クッキーの使用に同意するものと見なされます。詳細情報、または設定を変更する方法をお知りになりたい場合は次をご覧ください。 クッキーポリシー



医者


スペインの医療サービスはどのような仕組みですか?

スペイン国民保健制度 により、保健センターおよび病院の幅広いネットワークがスペイン全土にあります。

保健センター では一次医療 サービスを提供します。 家庭医、小児科医、看護師が主なスタッフですが、その上、助産婦、理学療法士、ソーシャルワーカーなどがいるセンターもあり、居住地から15分以上かからない所にセンターがあるように配慮されています。 そして必要があれば、患者の自宅で医者に診てもらうこともできます。

同様に、 農村地域 や、小さな村では地方診療所があり、地域の医療担当者が定期的に出向くことになっています。

病院では、 専門医療が中心で、一次医療機関の医師の指示により病院での診療を受けることになります。 また、救急サービスもあり、病院や特定の保健センターで受けることができます。

スペインの病院や保健センターは 保健省 のホームページでご覧いただけます。

トップヘ


あなたの国の在スペイン大使館および領事館

在スペイン外国大使館および領事館

トップヘ


どこで医薬品を購入できますか?

スペインでは、医薬品は薬局で購入することになっています。 通りで緑色の十字を探せば見つかるでしょう。 医師が適切な治療法を処方します。 EU諸国またはスペインと協定を結ぶ国から渡航の場合は、スペイン国民と同等の医薬品給付を受けることができます。

トップヘ


緊急事態の場合はどこへ連絡すればよいですか?

スペイン全土共通の無料電話、112番へおかけください。 スペイン語で応対しますが、観光地域では、英語、フランス語とドイツ語でも応対します。

トップヘ


スペインは安全な国ですか?

スペインは、最も安全な国のひとつです 

一般的に、スペインは訪れる旅行者の皆様にとってヨーロッパで最も安全な国のひとつです。

他のどの国でも同様ですが、最低限守るべき安全対策があります…

人通りが少ない所、薄暗い所を避け、路上での賭け事などはしないようにしましょう。 出かける時には、その都度必要なお金だけ持って行くようにするのがよいでしょう。 公共交通機関、デパートなどの人が多く集まるところでは、特に注意を払うようにしてください。 レジャーやレクリエーションの場では、携帯電話やカメラなどの所持品を目に見えるところに置かないようにしましょう。

公安についての専門家のアドバイスをお忘れにならないでください。 安全についての問題を避けるためには、予防が第一の解決策です。 助けが必要な時は、112番で警察と電話で連絡をとることができます。

トップヘ


EU加盟国から旅行の場合、医療サービスについて知るべきことは?

医療、入院サービスとも無料で受けられます。

ヨーロッパ保健カード(TSC)を事前に提示し、保健センターで担当医に診てもらうか、移動が困難な場合は宿泊場所で診療を受けることができます。 専門医の診療や病院への移動が必要な場合は、担当医が該当する証明書(またはvolanteと呼ばれる書類)を出してくれます。 病院には救急医療サービスがあります。

ヨーロッパ保健カード(TSC)が必要です 

ヨーロッパ保健カードを持っていれば、一時滞在中でもスペイン人同様に医療サービスを受けることができます。 有効期間はヨーロッパ保健カードに記載されており、EU諸国とスイス、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインにおいて有効です。

お住まいの国の保健機関でカードを取得してください。 スペインの私立医院、私立病院などではヨーロッパ保健カードは使用できません。 これらの施設での医療サービスをお望みの時は、必要費用を自己負担されるか、私立医療をカバーする保険に加入しなければなりません。

どんな時にフォームが必要ですか 

スペイン滞在中に血液透析、あるいはその他特定な治療が必要な場合は、居住国の当該機関の正式な承認を済ませたE-112フォームが必要です。 スペインでは、救急の抜歯の場合を除いた歯科治療、また、病気による本国送還はカバーされていませんのでご留意ください。

ヨーロッパ保健カード(TSC)を忘れた時は  

もしヨーロッパ保健カードを忘れた場合は、入院費、医療費、薬代の立替払いをした後、その領収書を持って、自国の加入機関で払い戻しの手続きをしてください。

ヨーロッパ保健カードは、他のEU諸国同様、スペインへ移動する目的が特定の治療を受けるためである時にはお使いになれませんのでご留意ください。

ヨーロッパ保健カードがまだ利用できない国があります。 その場合には、自国で新カードが導入されるまで有効と認められた書類を携行して旅行してください。 いずれにしても、スペインで医療サービスを受けるために必要な現行の要件についてあなたの加入機関にお尋ねください。

トップヘ


EU(欧州連合)に属さない国から渡航の場合、医療サービスについて知るべきことは?

欧州規則採用の国、 スイス、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン からの旅行者は、欧州連合加盟国と同様の医療サービスが受けられます。スペインと二国間協定を結ぶ国、 アンドラ公国、ブラジル、チリ、エクアドール、ペルーおよびパラグアイ からの旅行者も、救急疾患あるいは事故の場合、無料で医療・病院サービスを受けることができますが、各出身国で発行された証明書を提示する必要があります。 証明書を忘れた場合は、入院費、医療費、薬代の立替払いをした後、その領収書を持って自国の加入機関で払い戻しの請求をしてください。 それ以外の国からの旅行者は、救急の場合は治療は受けられますが、自己負担となりますので、旅行保険に各自で加入することをお勧めいたします。 いずれにしても、スペインで医療サービスを受けるために必要な現行の要件についてあなたの加入機関にお尋ねください。

トップヘ