このウェブサイトは、最高のユーザーエクスペリエンスを確保するためにCookie(クッキー)を使用しています。あなたが閲覧を続ける場合は、クッキーの使用に同意するものと見なされます。詳細情報、または設定を変更する方法をお知りになりたい場合は次をご覧ください。 クッキーポリシー



パスポート


スペインへ旅行するのに予防接種は必要ですか?

スペインへ旅行するには、予防接種の対象疾患はありません。 世界中のどこへ旅するときにも薦められるように、自然に触れたり田園で過ごしたりする場合は、破傷風ワクチンを更新しておくこと、同様に勧奨接種のカレンダーもきちんと守り実施しておくようにしましょう。

スペイン当局は、国際保険規則で規定された検疫対象となる病気を罹患していないことを証明するために、例外として旅行者の健康診断をすることがあります。

トップヘ


スペインへ旅行するのに必要な書類は?

  必要な書類はどこの国から渡航するかによって異なります。

EU諸国市民、スイス、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインの場合は、有効な身分証明書かパスポートが必要です。また、未成年が身分証明書のみで旅行する場合は、身分証明書の他に親の承認証が必要です。

その他の国からの場合 

スペインでの最高滞在日数は90日です。 スペイン入国に際し、現在有効な査証を所持している必要のある国々があります。次のリスト をご参照ください .これらの国の市民は、その他のEU加盟国(英国、アイルランド、ルーマニア、ブルガリアとキプロスを除く)、スイス、ノルウェー、アイスランドあるいはリヒテンシュタインによって発行された居住許可証または長期査証を所持していればスペインに旅行することができます。

これ以外の国の市民は、滞在の目的と条件を正当化する文書を所持し、スペイン滞在期間中の生活を維持するに十分な経済手段を持つことが必要です。提出すべき書類は旅行の目的により異なります。次のサイトをご参照ください Ministerio de Asuntos Exteriores y de Cooperación .

旅行保険に加入することをお勧めします。

諸条件が変更されることがありますので、事前にスペイン大使館か領事館で直接ご確認なさることをお勧めします。

トップヘ


スペインに持ち込める物品は?

欧州連合内の国からご旅行の場合 EU内を旅行する場合は、購入するものが私用品である場合に限り、購入、携帯できるものについての制限はありません。この場合、紙巻タバコ 800 本、細い葉巻タバコ 400 本、葉巻タバコ 200 本、刻みタバコ 1 kg、リキュール 10 リットル、酒精強化ワイン 20 リットル、ワイン 90 リットル、ビール 110 リットルまでは、私用品であることを証明する必要はありません。また、9,999 ユーロ以上の金額は申告しなくてはなりません。 欧州連合以外の国からご旅行の場合 肉、肉製品、乳、乳製品などの動物起源の食品を個人消費用として手荷物に入れて旅行者がEU内に持ち込むことができなくなっています。唯一の例外は、一般に、商品パッケージに入った乳幼児用粉ミルク、医療上の理由から必要な特別食品です。また、フェロー諸島、グリーンランドとアイスランドからご旅行の場合は、個人消費用に肉と乳製品が少量持ち込めることになっています。その他の食品は最高 1 キログラムまでスペインに持ち込めます。

スペインに入国する旅行者は、物品の量または特性によりそれが商品としてみなされない場合、個人または家族用、または贈答用の物品を個人の手荷物として持ち込むことが認められています。この判断は、入国管理の税関で行われます。

6,010.12 ユーロ以上の金額は申告しなくてはなりません。現在、18 歳以上の方は、紙巻タバコ 200 本、または細い葉巻タバコ100 本、または葉巻タバコ 50 本、または刻みタバコ 250gまで携行できます。アルコール類については、アルコール度 22 度以上の場合は 1 リットル、以下の場合は 2 リットル持ち込むことができます。香水類は、香水は 50g、オードトワレは 0.25 リットルまでに制限されています。

トップヘ


ペット同伴で旅行する場合は?

  一般的な3つの決まりがあります。動物はその飼い主または代理人と同伴すること、正しく識別されていること、そしてペットの健康診断書にはスペイン語での表記が含まれていること。すべての愛玩動物はその種類により、動物衛生証明書あるいはパスポートが必要なことにご留意ください。

ペットが犬、猫、フェレットの場合 

生後3ヶ月未満、すなわち狂犬病の予防接種を受けていない犬、猫そしてフェレットの入国は認められません。
スペイン入国前にペットの衛生処置と識別が必要です。これは出身国によって異なります。スペイン農業・食料・環境省の公式サイトをご参照ください。 (http://www.magrama.gob.es/es/ganaderia/legislacion/animales-compania-normativa-zoosanitaria.aspx).
たいていの場合、ペットは判別可能な入れ墨かマイクロチップで識別されていなければならず、パスポートで狂犬病の予防接種とその有効性が確認できなくてはなりません。生後最初の予防接種の場合は、接種後21日後でなければ旅行できないことになっています。
 

ペットが鳥の場合

EU加盟国以外の国からの鳥類は安全上(鳥インフルエンザ対策)の理由により、スペイン農業・食料・環境省の公式サイトで定められているコントロールの要件を満たさなければなりません。いずれの場合も、10日前以内に発行された少なくともスペイン語で書かれた動物衛生証明書(EU諸国加盟国の場合)が必要で、その証明は公式の獣医師の署名捺印がなくてはならず、また飼い主あるいはその代理人の申告書(第三国の場合)も必要です。家禽はペットとは見なされません。
 

その他の動物

いずれの場合も、少なくともスペイン語で書かれ、旅行の10日前以内に発行された動物衛生証明書が必要です。

また、EU加盟国以外の国からの入国の場合は、スペイン農業・食料・環境省の公式サイトの以下のリンクにおいてペットの種類と出身国別にスペイン入国に関する情報を参照することができます。

(http://cexgan.mapa.es/Modulos05/Publico/InformacionMercados.aspx?proc=6)
  衛生証明をする際には、起源国を出発する前の5日以内に動物の検査をしなければならないことにご留意ください。スペイン環境省の公式サイトで、動物に関する規則の他、スペイン語および英語での証明書とパスポートの書式をご覧いただけます。
 

お役に立つでしょう…

ペット同伴で訪れる町の獣医の救急サービスの電話を入手すること。

入国手続きの他に次のことにもご留意ください 

・スペインのいくつかの州では口輪が義務付けられています。・すべての宿泊施設がペットの同伴を許可するとは限りません。・ほとんどのレストランはペットの同伴を禁止しています。・市当局が犬がビーチを散歩できる、あるいはビーチに留まることができる具体的な場所、時期、時間を定めています。

ペットとの旅行をお考えの際は、事前に宿泊施設、交通機関などにペット同伴の可否および条件についてお尋ねください。

トップヘ