自動車道の自動車


子供の乗車

子供の乗車の際に考慮すべき特別な規則があります。子供を抱いて乗車することは禁じられています。 身長が136㎝未満の子供は、認証された子供用シートを使用して後部座席に座ることができない場合を除いては、前部座席に座ることは禁じられています。 3歳未満の乳児、幼児は身長と体重に合った認可されたベビーシート、チャイルドシートを使用し、常に後部座席に座らせます。 身長が150㎝以下の3歳以上の幼児は身長と体重に合ったチャイルドシート、ジュニアシートを使用します。12歳以下の幼児をバイクやオートバイの後ろに乗せることは禁じられています。これらの規則は、タクシーにも適用されるため、赤ちゃんと一緒にタクシーに乗車したい場合は、認証されたベビーシートを持ち運ぶ必要があります。  

トップヘ


なっばなっば罰金の支払い方法は?

交通安全法違反に関する罰金は必ず支払いを行う必要があります。 スペイン国内レベルの違反制裁機関は、当局代理の交通総局です。 これらの罰金の支払いには、異なる方法があります。電話060番 (スペイン国内)。このサービスはスペイン語のみです。 カードによる支払い。インターネット上の交通総局のバーチャル局 で。銀行La Caixaの支店 (Caixabank)で。スペイン郵便局で。 地方交通局で、クレジットカードまたはデビットカードでの支払い。いずれの場合も、罰金記録番号が必要です。罰金は20暦日以内に支払われた場合、50%の割引が適用されます。都市道路の地方当局により罰則を受けた場合は、現地市役所の交通部門に直接出向くことをお勧めします。

トップヘ


スペインで使われている燃料は?

スペインのガソリンスタンドでは、主に以下の燃料が提供されています。Gasolina sin plomo 95(無鉛ガソリン) Gasolina sin plomo 98(無鉛ガソリン) Gasóleo A(ディーゼル油) Biodiésel(バイオディーゼル油)エネルギー・観光省とデジタル・アジェンダhttp://geoportalgasolineras.es/)のウェブサイトでは、スペインのすべてのガソリンスタンド、燃料供給、料金についての情報が提供されています。

トップヘ


スペインで運転するために必要な条件は?

満18歳であること。

スペインでの運転は18歳以上に限られています。 レンタカーは21歳から利用できます。 多くのレンタカー会社が免許取得後1年から2年の運転歴を要求します。 車をレンタルする際、クレジットカードを所持している必要があります。

有効な運転免許証

EU加盟国、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインから来る場合、有効な自国の運転免許証を所持するだけで結構です。 上記以外の国の方は国際免許証が必要です。

諸条件が変更されることがありますので、事前にスペイン大使館か領事館で直接ご確認なさることをお勧めします。

トップヘ


スペインで守るべき交通安全規則

交通安全規則。スペインで車の運転をする際に知っておかなければならない交通安全規則があります。以下の規則です。・ハンズフリーシステムの場合を除き、運転中に携帯電話での通話は禁止されています。・給油の際には、ラジオや携帯電話を切らなければなりません。・車から出て、車道や路肩に下りる場合は反射ベストの使用が義務付けられています。・車道や路肩で車が動かなくなったときは、三角形警告ボードの使用が義務付けられています。・交通監視員の監視を回避することを目的とする機器の設置と使用は禁じられています。・追い越しは追い越そうとする自動車の左側からしかできません。・明視条件を良くするため一日中ライトの使用が推奨されています。 さらに、・規定の時速制限を守らなければなりません。自動車専用道および高速道路では、時速120km、一般幹線道路では、時速100km、その他の道路では時速90km、都市部では時速50kmとなっています。・アルコール検査では、血液中0.5g/l、呼気0.25g/lを超えてはいけないことになっています。・シートベルトの着用は、運転者および、前部座席および後部座席の乗員すべてに義務付けられています。・オートバイ、自転車、原動機つき自転車では、ヘルメットの着用が義務付けられています。・公道における駐車は常に可能ではなく、また無料でもありません。多くの都市で駐車エリアは規制されており有料となっています。通常、エリアにパーキングメーターがあるので識別することができます。

トップヘ


スペインへご自分の車で旅行されたいですか?

個人の自動車で旅行の際には、以下のことを要求されることがあります。

運転免許証  「スペインで運転するのに必要なのは?」の項をご覧ください。 自動車運転仮免許  有効期間は6ヶ月で税関で申請することができます。

自動車保険 

EU諸国、スイス、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタイン、クロアチアから旅行の場合は、自動車保険証書とその有効性を証明する保険料支払い領収書を携行するだけで十分です。

アルバニア、アンドラ公国、ブルガリア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、ベラルーシ、イスラエル、イラン、モロッコ、モルダビア、マセドニア共和国、ルーマニア、セルビア、モンテネグロ、チュニジア、トルコ、ウクライナからの旅行の場合は、 賠償責任保険の国際証明書であるグリーンカードシステムに従う必要があります。

前述の国以外からの旅行の場合は、国境保険に加入してください。これは強制加入の自動車用賠償責任の一時的な保険です。

諸条件が変更されることがありますので、事前にスペイン大使館か領事館で直接ご確認なさることをお勧めします。

トップヘ


スペインの国道は有料ですか?

スペインでは、全国の道路網の大半は無料です。 それらに高速道路(各方面一方通行で、横切る道路がなく、独立した道路)も含まれます。しかし、通行料金の支払いが必要となる道路もいくつかあります。 アウトピスタと呼ばれる高速道路です。 支払金額は、ケースによって異なり、一般的には、無料高速道路の代替道となっています。次のウェブサイトで有料高速道路についてご確認いただけます。通行料金の支払いは、現金、クレジットカードまたはテレペアッヘ(telepaje)と呼ばれるETCカード(車中にデバイスのインストールが必要)で行うことができます。高速道路上には2㎞おきにS.O.S.の緊急スポットがあります。

トップヘ


X
Spain SevilleMadridMalagaCordobaValenciaA CoruñaBarcelonaHuescaGranadaCadizCáceresGuipúzcoa - GipuzkoaAlicante - AlacantLa RiojaLleidaMurciaCastellón - CastellóPontevedraAsturiasCantabriaVizcaya - BizkaiaToledoLugoBurgosÁlava - ArabaAlmeríaJaénTarragonaÁvilaLeónTeruelGironaCiudad RealSegoviaBadajozSalamancaHuelvaZaragozaNavarreCuencaValladolidZamoraPalenciaSoriaAlbaceteOurenseGuadalajaraCanary IslandsBalearic Islands
X
Baleares IbizaMajorcaMinorcaFormentera
X
Canarias LanzaroteLa PalmaFuerteventuraTenerifeGran CanariaGomeraHierro